でこるブログ

#アラサー #サラリーマン #学んだことをアウトプット #日記

中田英寿の努力論

Youtube中田英寿さんと茂木健一郎さんの対談を見た。その中で中田さんが仰っていた「努力」に対する考え方が非常に面白いと感じたので、紹介させて貰う。

 

私が面白いなと思った点を端的に言えば、

 

「自分が楽しいと思うことに対して努力をする。」

 

という点だ。私の中で努力というのは、「興味のないことでも我慢して能力の向上を目指すこと」だったので、自分の中での努力の意味合いにパラダイムチェンジが起こった。

 

私たちは「努力」という言葉に「(本当は気乗りしないけれど)我慢して行う。」という意味を含んでしまいがちだ。と言うか、殆どの人が「努力=我慢」という図式を思い浮かべるのではないか。

 

私も受験勉強は我慢しながらしたし、学生時代の英語の勉強も(正直に言って)、就職のために嫌々やった。会社に入社した後もオフィスソフトの使い方や仕事で覚えなければいけない知識も、義務的に覚えてたという感想だ。

 

(皆さんも何かしらの「努力」をされていると思うが、その時に心に抱いていた感情はどのようなものだったでしょうか?)

 

中田さんの考え方は私のそれとは異なり、「好きだと思うから、もっと上手くなりたいと思うから、だから(楽しみながら)努力をする。」というものだそうだ。好きな事をやるわけですから、そこに「我慢」という概念はないようだ。

 

映像の中で中田さんは「サッカーは遊びでやっていた。」と仰っていた。さらに、好きだからこそ「真剣に遊んでいた。」と言っていた。その結果、プロになることができて、イタリアにも行くことができたと話していた。(楽しんでいたけれど、そこには真剣さがあったとのことだ。)

 

この話から、私たちは何を教訓とすることができるのだろうか。

それは「好きな事をする」というのが「努力」を第一歩だということだ。

 

中田さんの理論から考えると、「努力」をする人間になるためには、「自分の好きな事をする」というのが第一歩になる。「自分の好きな事に対して → 努力をする」という順番だから、嫌いな事をしている時点で中田さんが定義する「努力」をすることはできない。

 

先ほど、私自身を例に挙げたように「好きではないことを義務的に行う」という時点で私の心には「我慢する」という概念が生まれてしまう。その時点で「真剣に遊ぶ・楽しむ」という考えとのズレが生じてしまう。

 

今回の文脈に沿って言えば、「努力ができない人」は、「好きな事をしていない人」なのかもしれない。だから、あまり自分を責める必要はないのかもしれない。むしろ、努力ができていない自分に対して嫌悪感を抱いているのなら、まずは自分の好きな事をしてみると良いのかもしれませんね。

 

最終的にまとめると「嫌いなことを我慢してする」のではなく、「好きな事を楽しんで真剣にする」ことが、今回の中田さんの「努力」の定義だった。

 

 

中田さんの「努力」についての話から、私が考えたことは以上である。