でこるブログ

#アラサー #サラリーマン #学んだことをアウトプット #日記

偉人は長時間労働だった?

突然だが、私はB'zが好きだ。そして、B'zのとある曲に「歩き続けた先に見たいのは、想像を超える風と光、そこに誰も居なくても。」という歌詞があるのだが、私はそこで疑問に思った。

誰も見たことのない風景を見るためには、どれくらい遠くまで歩けば良いのか。

早速ではあるが、サラリーマンとして、それを仕事に置き換えて考えてた。

とある本によれば、エジソンは年間6500時間、キューリー夫人は年間5000時間、本田宗一郎氏は年間5500時間、稲盛和夫氏は年間5000時間、仕事に没頭していたとされている。

※(ランチェスター経営7つの成功戦略 竹田陽一著 より) 

 

ただ、年間6000時間と5000時間などと言われてもピンとこなかった。そのため、もう少し分かりやすいように噛み砕いて、2つのケース(6000/5000H)について、確認したい。

 

①年間労働日数を241日(年間会社休日を124日とする)とした場合、1日の労働時間は以下の通りになる。

6000時間=24.8H/1日

5000時間=20.7H1日

年間会社休日を124日、つまり土日と祝日、長期休暇をすべて休んでいると、年間労働時間はどんなに頑張っても6000時間には達しないことが分かる。5000時間の場合も達成は非常に難しいことが分かった。(毎日3時間睡眠なら可能かもしれない。)

 

②次は極端に365日すべて労働とした場合、1日の労働時間は以下の通りにった。

6000時間=16.4H/1日

5000時間=13.6H/1日

 

これなら1日あたりの労働時間はギリギリ達成できそうである。しかし、6000時間の場合は仕事と寝るだけの生活になるだろう。

 

③次に週休1日というハードワーカーにとって現実的(?)なラインを引いてみた。313日(毎週日曜休み)を労働日数にした場合、1日の労働時間は以下の通りになる。

6000時間=19.2H/1日

5000時間=16.0H/1日

 

6000時間は週1日休みでも無理だ。これを見るとエジソンは365日、研究に没頭していたことが分かる。5000時間については、ギリギリ達成できそうな気がする。しかし、これを数十年続けるというのは、かなりのハードワーカーであることは間違いない。

 

以上の分析から、偉業を成し遂げた人物は例外なく尋常ではないコミットメントをしていたことが分かった。せめて労働時間・没頭する時間だけでも追いつけるように私も頑張りたい。

ARIGATO

ARIGATO